「Green Sails」感想ともいえない雑記(ネタバレ)

ネタバレとは言っても、あらすじを解説せず結末だけ書く最悪のパターンですので、まだこれから見るのよ。とおっしゃる方は、ご覧にならないでいて下さい。


では、結末だけ知りたいのよ。と言う人はどうぞ









えーと。トーマス氏、悪者でした。






終了。




終わりかい!!と、一応ノリつっこみ。

えーと。CCTという会社が、どっかの島にダムを作ろうとしています。
主人公の男の人は、ダムの設計とかにも関わってる人みたいです。で、トーマス氏はその主人公の上司。CCTの偉い人。
最初、どうも、「そのダムが建つと、自然も保護され、より良くなる」みたいな事を主人公に言ったり、主人公の人に「君は素晴らしい。有能だ。だから昇進したんだよ。」みたいな事を言ったりして、いかにも自分達の信頼関係や、その計画の素晴らしさをとうとうと述べってるようなのですが、実はそうじゃなかった。と。
そのダムが完成したら、確実に周囲の環境を汚染してしまうようなのです。
それを、会社側は分かっていながら、隠して事業を進めている。と。
そして、それを知った主人公は、それを阻止しようと、先住民と一緒に戦う。と言うお話でした。

主人公が、会社の不正に気づくきっかけとなったのが、CCTの創設者の男性(今は反CCT側の人になっている)から、色々と聞いた事がきっかけだったのですが、その元創設者の男性が、「ガンの発生率がどうのこうの」と話しているので、恐らく汚染関連の被害が住民に出ている。と言うような事を言ってるのかなぁ。と。

トーマス氏の出てるとこだけ見て、後はガーーーーっと早送りしてしまいました。ごめんなさい。
どうもね、うん。あまりね、面白いとは思えない感じの・・・。うん。まぁ、環境問題も絡めてるのでしょうが・・・うん。まぁ、そんな感じのお話です。

トーマス氏の出番が予想より多かったです。いえ、それほど多くは無いのですが、すくなくとも秒殺ではありませんでした。頭、真ん中、後半、最後。と出てきます。

お話が始まってすぐ、主人公が一人で作業していると、『Close your eyes.』と言う声が掛けられ、ダムの構造や、後に予想される問題点についての質問(テスト)を矢継ぎ早にされるのですが、その声の主が、我らがトーマス・クレッチマン氏です。
いい声してるんだ、これがまた!!
全編スーツ姿で、途中死ぬことも、最後死ぬこともなく、普通に(普通にか!)最後逮捕されて終わるので、ある意味安心して鑑賞できますよ。おほほ。

[PR]

by fendi_jp2 | 2006-06-16 01:25 | Green Sails