ず、頭痛が・・・

「トーマスがインタビュアーの『自分はマンガの登場人物だと誰だと思う?』と言う質問に、『「星の王子様の狐かな。」と答えている』と玉兎さんに教えて頂きました。

「星の王子様」は公式サイトがありまして、狐の絵柄も載ってますので、みなさん検索してご覧になってください。ギャップに悶えることを保障します。


で、折角クレッチマン氏の珍しいおもしろメルヘンな一面を垣間見せるインタビューでしたので、まったく触れる気がなかった敬遠してたドイツ語の記事を【そこの部分だけ】本を引きながら、読んでみました。
たったあれだけの文を読むのに、何時間掛かったか・・・。
「一応辞書引いたんだぞ」と言う証です。






元の記事は→こちら


Das Leben ist ein Comic,welche Comic-Figur sind Sie?

Das は中性名詞につく定冠詞でこれは1格。英語のtheにあたります。
Leben は名詞で「人生」「実生活」です。
ist は動詞「sein」が現在完了になるとこのように変化します。意味は「~である」。
ein は中性名詞につく不定冠詞で、これもたぶん1格。英語のaにあたります。
Comic コミック。「マンガ」ですね。これは男性名詞です。
welche 定冠詞類で次に続くComic-Figurが女性名詞になるので、女性1格の形になっています。「どの~」と訳します。
Figur は女性名詞で「(映画など物語の登場)人物」とかの意味になります。
sind 前述のistと同じく動詞「sein」の現在完了。ここでは2人称Sieにつくのでsindと変化。意味は「~である」
Sie 人称代名詞の2人称「あなた」にあたります。ここでは1格・・・なのかな?

まとめると
Das Leben ist ein Comic,welche Comic-Figur sind Sie?
『人生はコミックです、あなたはどのコミックの登場人物ですか?』


Kretschmann:ich bin kein großer Comicsfan,muss ich sagen.Deshalb sag ich,ich bin der Fuchs in "Der kleine Prinz".

ich 1人称の人称代名詞。「私は」
bin seinの現在完了。ここでは1人称のichにつくからこの形。「~である」
kein 否定の冠詞。「無い」
großer großという形容詞「大きな」が、ここでは形容詞の混合変化を起こしていまして(不定冠詞+形容詞+名詞)、後ろの名詞のComicsfanは男性名詞にあたるのでしょうか?、形から言うと多分男性1格の変化でgroße-rとなってるようです。
Comicsfan コミック(ス)ファン。「コミックファン」
muss 助動詞müssen「~ねばならない」が1人称単数に付くと、この形になる。
sagen は多分動詞の「告げる」。
Deshalb 副詞「だから」「それゆえに」
sag sageの口語だと思います。
der 男性名詞につく定冠詞の1格。英語のtheにあたります。
Fuchs 男性名詞「狐」
Der kleine Prinz 絵本の「星の王子様」のことですね

まとめると
Kretschmann:ich bin kein großer Comicsfan,muss ich sagen.Deshalb sag ich,ich bin der Fuchs in "Der kleine Prinz".
kretschman『私が大のコミックファンでは無いことを、言っておかないといけません。あえて言えば、私は「星の王子様」の狐です。』


Warum?

warum 副詞・疑問「なぜ?」

まとめると
Warum?
なぜ?


Kretschmann:Das kann ich jetzt nicht erklären,manche spontanen Antworten sind einfach ziemlich genau und treffend,das bedarf dann keiner Erklärung mehr.

Das 代名詞「それは」
kann 助動詞konnenが1人称につくとこの形。「~出来る」
jetzt 副詞「今」
nicht 副詞・否定「無い」
erklären 動詞「説明する」すいません、さっぱり分からないことが・・・。これ、ich(一人称)につくからerkläreにならないんですか?なぜerkläre(n)?
manche 不定冠詞manch「幾つか」「いろいろ」の1格
spontanen 形容詞spontan「とっさの」「無意識の」。ここでも形容詞の混合変化を起こしています(不定冠詞+形容詞+名詞)。
Antworten Antwort「答え」の複数。女性名詞。
einfach 副詞「ただ」「とにかく」
ziemlich 副詞「かなり」「ほとんど」
genau 副詞「ちょうど」「ぴったり」
und 接続詞。英語のandと同じ訳
treffend 形容詞「適切な」
bedarf 動詞bedürfen「必要とする」の1人称単数現在形
dann 副詞「それから」や、口語で「それに」「それじゃぁ」などの意味。
keiner 不定冠詞類・否定。女性名詞の2格。ここでは次の名詞に付いて「説明の」となる。
Erklärung 「説明」女性名詞
mehr 副詞。否定をあらわす語句に付いて、「もう~ない」などと訳す。

まとめると
Kretschmann:Das kann ich jetzt nicht erklären,manche spontanen Antworten sind einfach ziemlich genau und treffend,das bedarf dann keiner Erklärung mehr.
『それは説明できません、無意識の答えというのは、とにかくとてもぴったりで適切な答えです。だからそれはもう説明の必要がありません。』



読み終わる頃に肩こりで頭痛が・・・。オェー。
ドイツ語、複雑ーーーーーーー!!!無理っ!!

[PR]

by fendi_jp2 | 2006-07-18 01:35 | articre