「La Principessa e il povero」 DVD情報&感想

この作品におけるトーマス氏のキャラとビジュアルに悶絶したフェンディです。
王様の弟で、憎たらしいキャラの役なのですが、若い頃の役がまーーーーたカッコ可愛いんだこれが!!
前髪下ろしてるし、馬に乗ってるし、片耳ピアスしてるし、マントだし。
好きなんです、前髪下ろしてるビジュアル。

不遜な態度を取って王様に怒られると、しれっとした顔をして、しゃなりとしなを作って膝を曲げ、お辞儀してみせる場面が、かーっ!!
お手上げです!完敗です!乾杯です。トーマスに乾杯だ!かんぱーい!

って何を私は書いておるのでしょうか。

えーと、くだらない私の感想は置いといて、DVD情報を載せておきます。






イタリアではDVDが現在でも発売中、ドイツだとVHSが過去発売されていたようです。

ドイツ版はamazonの記事で申し訳ないのですが、こちらを参考にされてください。

で、とりあえず比較的今でも手に入りそうなイタリア版の話題をしたいと思います。

まず、イタリアでの発売元ですが、現在はこちらの会社が販売している様子です。
一応こちらのHPに載っていた基本情報を載せておきますと

TITOLO ORIGINALE: La Principessa e Il Povero
REGIA: Lamberto Bava
GENERE: Fantasy
ANNO PRODUZIONE: 1997
DURATA: 180'
CAST ARTISTICO: Anna Falchi  Lorenzo Crespi
Lingue
Italiano Dolby Digital 2.0
Nazionalità
Italia/Germania
Categoria
Film
Sottotitoli
Italiano
Formato
1.33:1
Colore
Colore
Produzione
Taurus Film
Visto Censura
Film Per Tutti

[TRAMA ]
Il Re Hamil e sua moglie non possono avere figli; riusciranno ad averne uno grazie alla magia di Gamesh, il mago-bambino. Ma il grande stregone Epsos, adirato con l’apprendista, si intromette e il Re si trova ad essere padre di una bambina, Mirabella (Anna Falchi), che in realtà è la figlia della contadina Scriba, mentre suo figlio viene fatto crescere nella casa dei due poveri contadini insieme ad un fratello. Né Gamesh, né Epsos sanno chi dei due bambini, Leonardo (Lorenzo Crespi) e Ademarco (Nicholas Rogers), sia il vero figlio del Re. Le vite dei tre giovani sono nelle mani di Epsos e Gamesh che, pur non potendo influire sui loro sentimenti, riescono però a cambiare gli avvenimenti del loro destino…


時間が180分あるため、ドイツ版のVHSだと上下巻の2本に別れているようですが、イタリア版のDVDだと1枚です。

特典映像なし。
音声はイタリア語音声のみ。
字幕無し。

ちなみに
↓イタリア版DVDの表紙はこちら ↓ドイツ版VHSの表紙はこちら
b0093289_3471498.jpgb0093289_348033.jpg




イタリア語のみだとちょっと辛いので、何か無いかな~と探しておりますと、主演女優のAnna Falchiさんが公式HPを開いていらっしゃいまして、その中に作品のページがありました。
TOPページ→[ENGLISH]→[CREDITS]→[ 1997 La principessa e il povero]
とお進み下さい。
その中に載っているあらすじが

The King and the Queen desire have a child and they address to a magician for have help, but for a conspiracy of the brother of the king their child comes abducted and abandoned in the wood. The King is desperate, he doesn't know more that behavior and while he is to the search of his child, he meets a woman with a newborn and asks her to give him the child, that he would have grown like a princess and that she could do it from nurse. And as Mirabella became the daughter of the King. The withered time and Mirabella are curious of know the external world. Then she gets out of palace and she arrives to a village where she knows Leonardo and Ademaro...

この中の王の兄弟が、トーマスさん演じるミゲール(Migal←王様の弟)です。
トーマスさんは跡継ぎが出来たら自分が王様になれないので、計略を企てて王様の赤子(男児)を誘拐し、色々あって赤子は村の夫婦に捨て子として拾われ、その夫婦の赤子(男児)と一緒に兄弟として育てられます。
王様は世継ぎがいなくなると、弟が国を継ぐことになるので、頼み込んで村の女から赤ん坊(女児)を貰ってき、お姫様として育てます。
で、お姫様が年頃になり、王女として国を継ぐことになり、もちろんトーマス氏は、王女に結婚を迫るスケベオヤジとして出てくるわけであります。
そして、そして、お姫様はお忍びで出かけた村で、村の青年として育っている王子と出会い(もちろん王女、青年もその事実は知らない)~~~。
みたいなお話です。
魔法使いのくだりを完全にはしょって説明してますが、すいません、説明ヘタクソで。


この映画、少し雰囲気が「ラビリンス~魔王の迷宮~」(タイトルうろ覚え)に似ています。
奇抜なメイク&衣装の魔法使い(しかしボウイ様と違い、お爺ちゃんだ!)や、話す動物達、動く石像、などなど、ビジュアルや演出の雰囲気が似ているのです。
私はファンタジー&SFが大好きなので、楽しく鑑賞できました。でもトーマスの出番が終わるとさすがに退屈で辛かったです。

お子様向けの作品のようです。
そうそう、お姫様が巨乳です。色が白くてやわらかそうで、女の私でも目が釘付け。
おっぱい星人なクレッチマン氏(勝手な印象で決め付ける)も、目が行ってしかたなかったに違いない。

[PR]