「Uボート 最後の決断」DVD情報

今でも比較的流通していると思います。
発売元のジェネオン エンタテインメント作品のページは→こちら

もし直に跳ばなかった場合は、TOPページに跳んで作品名で検索してください「Uボート」で上がってくるはずです。





監督・脚本:トニー・ジグリオ(『ダンテズ・ピーク』(プロダクション・アシスト))
製作:マーク・ウィリアムス、マイケル・ピアース、ジュリアス・ R・ナッソ、ジョン・ブリスター
撮影監督:ゲリー・ライブリー
美術:テレンス・フォスター
編集:ハーヴェイ・ローゼンストック
音楽:スティーヴ・ブラムソン(『スターシップ・トゥルーパーズ』)
ビジュアル・エフェクト:ジェレミー・オッド(『マトリックス』)
◆キャスト◆
ウィリアム・H・メイシー(『シービスケット』)ティル・シュヴァイガー(『キング・アーサー』)/スコット・カーン(『オーシャンズ11』)/トーマス・クレッチマン(『戦場のピアニスト』)/ローレン・ホリー(『ハート・オブ・ウーマン』)
◆特典◆
●オリジナル予告篇
●日本版予告篇

リージョン:2
字幕:日本語・日本語吹替え用
1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:DTS/5.1chサラウンド/英語
3:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語

2005/06/24 発売
3,990円(税込)
98分
GNBF-1088 4988102112837

b0093289_353335.jpg


超あまったるい平和~な感じの映画です。見てると和みます。こんな戦争映画も珍しい。
でもこんなのもありだと思うんですよね。ぼーーっと、深く考えず、楽しく、見てもいいじゃないですか。エンタテイメントなんですから。ねぇ?

トーマス氏がめちゃめちゃカッコイイビジュアルです!
超超超私好みのビジュアルなので、そういったことからもこの作品が私は好きだったりします。図らずもトップとして決断しなくてはならなくなってしまったナンバー2、と言うポジションを、上手く演じていらっしゃいます。
トップの責任って重大なんですよね。トップが変な事やったら艦が傾くんですよ。
ねぇ、社長?このblogは読んじゃいないでしょうが、ほんと頼みますよ。しっかりしてくださいよ?

[PR]

by fendi_jp2 | 2006-08-01 00:00 | In Enemy Hands