Westler ―DVD amazon.co.ukで再度取り扱い

used 商品ばかりだったのですが、また売り始めました。





used商品の購入に不安がある方はいかがでしょうか?

amazon.co.ukのページはこちら

ディスク情報

Format:PAL
Region Code: All Regions
Language:German 
Subtitles:English&German
Number of discs: 1
Classification: 15
Studio: Peccadillo Pictures
DVD Release Date: 16 Aug 2004
Run Time: 94 minutes
DVD Features:none
ASIN: B0002K10TS

英語字幕がですね、どうも実際話してるセリフより、かなり省略されてるような感じなのですが、映画の内容は分かります。
ゲイ・ムービーと言うより、東西ドイツが分裂していた時代の、若者の人生の一部分を描いたような映画でした。
想像してたより、ずっと良い映画でした。

なんかね、色々考えてしまいましたよ。
年齢も近く、性癖も共通。
片方は、自分の人生を思うままに生きる西ドイツの青年。
対照的に自分の意思だけでは進めない人生を生きる東ドイツの青年。
西ドイツの青年がね、良くも悪くも普通の青年なんですよ。
ちょっと能天気にさえ見える・・・。
いえ、彼なりに、ものすごく緊迫した状況にも置かれるわけですが、どうしても東ドイツの青年の背負ってるものと比較すると、ずっと楽に見えてしまうのです。
しかも彼(東ドイツに青年)のその後も、決して楽な人生じゃない事が想像出来てしまうので、それもまた辛いです。


この映画は制作が1986年なので、多分当時としてはかなりセンセーショナルな映画として、
受け止められたのではないでしょうか。
今現在の映画って、過激な映画が多いんだな~。
と、控えめなトーンのこの映画を見て、しみじみ感じたのでした。

でも出てくる登場人物が誰一人として、私好みの顔の人が居なかったのが大変に残念です。
トーマスが出てきたときは目が潤ったね。
そしてトーマスさんですが、東ドイツの青年が兵役に着いてた時の仲間の一人でした。
兵舎のベッドで、皆でぎゃあぎゃあ騒いで楽しんでる回想シーンに、ほんの一瞬出ます。
セリフはありません。
とってもハンサムです!細いです!若いです!
しかも、なんだかキラキラしています。(目の錯覚?)



英国での販売元HP

http://www.peccadillopictures.com

GAY & LESBIAN

Westler
で作品の粗筋が載っていました。


載っていた文をコピペ

Westler; by Wieland Speck

Winner of the 1986 San Francisco International Lesbian & Gay Film Festival Audience Award for Best Feature, Westler is set to be a classic for gay cinemas.

1986,the Berlin Wall divides not only a city, but symbolises the division of the entire European continent.
For twenty-five years it has separated families, friends and lovers - and caused the deaths of countless others who dared attempt escape. Travelling from west to east, however, was never such a problem.
And so they meet: a trip to another world sparks a chance meeting that will forever change the lives of two young men - one of whom is held captive in the east.

A ground-breaking film that risked everything to film illegally in East Berlin before the fall of the wall.

これ、ベルリンの壁崩壊前に、不法に(もしかして無許可?)東ベルリンで撮影したんですね。
凄っ!!怖っ!!
東ドイツの街中のシーンが、ハンディで画面揺れまくってる理由が分かりました。
そう思いながら見ると、緊張感倍増。

映画の内容はというと

(結末が書いてあるので、注意。反転して読んでください)
西ドイツの青年二人が東ドイツに遊びに行ったとき、一人の青年と出会います。
西ドイツの青年のうちの一人が、東ドイツの青年と恋に落ちます。
東ドイツの青年は、仲間の手助けを得て、東ドイツから西ドイツへ出国。
しかしその翌日には西ドイツを去って、東欧へ逃げることに。
結局、二人は離れて離れになるのでした。


b0093289_02476.jpg

[PR]